ネグロックの補助脳

ここはネグロックの補助記憶装置です。自作PC、水冷、静音化が中心。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水冷構成変更、一部ハードチューブ&冷却水交換

Category: 水冷  
かなり久しぶりの記事になります。
ここ2~3ヶ月で長らく活躍したマザーボードがお亡くなりになり。
ここ最近力不足を感じていたGTX690の引退など、大幅な変更がありました。

予算の関係もあって今回はRyzen7になっています。
AMDはかれこれ10年ぶりでしょうか?

細かい調整や速度の話は後回しで、今回は冷却水が交換時期なので配管の更新と同時に行います。
今まで使用していた配管はPVCやポリウレタンのチューブで、柔らかくて配管しやすいのですが、次第に変色してしまうのが難点でした。

そこで今回アクリルのチューブに変更。
硬い材質なので熱で暖めて曲げます。

PC下部のポンプやラジエーター周りはメンテナンス性が悪くなるのでPVCのままです。
P9300018.jpg 
ちょっと気になったのは、フィッティングですね。
PVCの場合はどんなに引っ張っても抜けませんが、ハードチューブ用はフルパワーで引っ張ると抜けます。
かなりの力で引かないと抜けないので使用上は問題ないと思いますが、ちょっと気になった。

なんだかんだ2年使ったクーラントですが、水分が揮発して粘性が上がっているのか以前よりベタベタしてる感じです。
フィッティングに腐食もなく、クーラントの変色や透明度も変わってないですね、今までしっかりパーツを守ってくれていたようです。
P9300003_01.jpg 
んで、今回はこちらのクーラントを使用します。
精製水で希釈して使うタイプで、気分も変えようと色は何故か白です。
なんか冷えてる感じがして良いかもと思ったのですが・・・・
P9300042.jpg 
牛乳循環PCになりました。
蛍光灯の影響で青くなってますが・・・
電気的導通も低く防腐効果もある牛乳です。
飲んだら死にます。
とても牛乳っぽく泡立ちやすいのですが、このため配管内のエアーが抜けやすく、一瞬で空気も抜けました。
あと今回の構成変更で、水冷RAIDカードやチップセットの水枕がなくなっており、ポンプはD5のツインのままなので、アホみたいに元気よく流れています。

それにしても・・・なんか期待したイメージと違うんですが・・・・
UV発光しないのでブラックライトも無意味というか、青白く照らして怪し良い雰囲気です。
なんかホラーだなぁ・・・

そこで、UV染料を入れてみることにします。
UV発光タイプは緑だけだったので、緑にしてみました・・・・
PA050001.jpg 
さらにホラー度が上昇しました。
我ながら何やってるんでしょうねぇ・・・

今更ブルーに戻すのも気が乗らないので、赤にでもしてみましょうか、水冷血の池地獄にしてみましょう(もうヤケ)
赤はUV発光しないので、UVライトも廃止します。

ls02-package.jpg 
代わりにLEDを追加、マザーボードと連動して色を変えられるタイプです。

PA080012.jpg 
あー、なんかやっとマトモな雰囲気になった・・・

PA080004.jpg PA080026.jpg
なんだかんだで3回も冷却水を入れ替えましたが・・・

PA080029.jpg 
MBの水枕とRAIDカードの水枕がないので、ツインポンプではオーバースペックの様です。
毎分2.5Lで循環してます。(以前は1L程度)
ポンプの音も大きくなったので、ファンコンで制御させたいですね。
ただD5の消費電力を扱えるファンコンはなかなかないので、ちょっと困りものです。

とりあえず、当分はこの赤色で使うことにします。

スポンサーサイト


ブログ復活!ネグロックの補助脳

Category: 未分類  
更新が止まってから、かなり長い期間が経っております。
この度は、新しいブログを公開いたしました。
内容は今までのブログと全く関係ない「ラジコンヘリ」でございます。

ブログ名は「Neglockの補助脳 RC Edition」
全く代わり映えのしないタイトルです。

一応生きてます的な感じで、お知らせでした。

テーマ : ラジコン    ジャンル : 趣味・実用


近況報告

Category: 未分類  
最近めっきり更新もしておりませんが、ちゃんと生きております。

PCはメイン、サブ、サーバー共に快調なのですが、ここ数ヶ月はメンテナンス程度で特に新しいパーツは入ってません。

というか、いじるところがないです。(今のPCに十分満足している)
ある意味完成形と言えるのでしょう。
そろそろ冷却液は交換しないといけませんが・・・

最近はラジコンヘリなんぞにハマっておりまして、そっち系のブログをまた開始するかも知れません。

当分は特にネタもありませんので、更新もあまりないですが、また大幅なパーツ変更を行う際には記事にしたいと考えてます。

テーマ : どーでもいいこと    ジャンル : コンピュータ


ASUS GTX690-4GD5 + KOOLANCE VID-NX690 使用感

Category: ハードウエア  
モニターを変更後、解像度が2560x1440に上がりゲーム画面は非常に綺麗なのですが、動作はカクつきます・・・
当然と言えば当然なんですが、そろそろGTX480も引退でしょうか?

と言うわけでVGAカードを新しくすることに。
候補に挙がったのは、今まで使っていたGTX480ながれでGTX680。
だったのですが・・・

タイミング良くGTX690が登場。
昔SLIを試してあまりにも効果が無いので、シングルGPU至上主義で通してきたのですが・・・・
なんか自信満々なnVidia、気色悪いほど自信あふれるnVidiaに乗せられて、水冷ブロックの登場を待ってから、GTX690に変更しました。
本当にそこまで必要なのか若干悩みましたが(若干かよ!)、こういう選択をするときは大抵悪い癖が出ます。
その結果で購入しました(笑)

今回はASUS GTX690-4GD5を購入
NCM_0021.jpgNCM_0022.jpg
値段だけにそこそこ立派な箱に入っておられます。
開けてみると普通の緩衝材なので、なんか安心しました。
NCM_0023.jpgNCM_0024.jpg
一応の動作確認はするものの、問答無用で殻割りです。
それにしてもこのリファレンスクーラー、結構作り込まれています。
ですが、今回は未使用のまま箱に居残りです。
ええ・・・使う気はありませんとも。
ファンとLEDのコネクターはケーブルが短いので、外しにくく要注意です。
NCM_0025.jpgNCM_0026.jpg
同時購入の水冷ブロック、いち早くKoolanceから発売されました。
外観の仕上がりはなかなか良い出来です。
もう手垢もばっちり目立ちます。
NCM_0027.jpg
水冷ブロックには厚さ1mmと0.7mmの熱伝導シートが付属します。
今回は元々付いてた物を流用するので使用しませんでした。
カードベンダーによってはチップの高さが合わないこともあるので、その配慮でしょう。
昔は2mmとかそうそう使わないサイズのビスを付属してくれなかったメーカーですが、最近変わってきたのかな?
NCM_0028.jpgNCM_0024 (2)
装着後の画像ですが、見た目水冷ブロックの方がすっきりします。
特にコイル泣きも起きてないので、一安心。
アイドル時の温度ですが、GTX480と比べて特に変化はありません。

早速パフォーマンスを確認しますが、以前このブログで紹介したFF14ベンチマークで確認してみます。

以前のベンチ結果は過去記事を参照してもらうとして、今回はCPUやメモリーも変わっているので一概に比較は出来ません。
マシン構成は以下の通り。

CPU:Core i7 3930K
M/B:Rampage IV Extreme
RAM:CMZ16GX3M4X1866C9
RAID:Adaptec RAID 2405
グラフィックカード:ASUS GTX690-4GD5
モニター:DELL U3011(2560x1600)

b-high4.jpg
HIGHモードでのベンチ結果です。
通してCPUの使用率は20%程度、VGAは60%程度で推移しました。
カードの発熱はそれなりに覚悟していたのですが、Temp読みで42度位で推移してました。
GTX480と大きな差をは出ていません。
水温でも特に大きな差が無いので、思ったより低発熱な印象ですが、元々GTX480が酷い爆熱カードな上にOC仕様なので、こんな物なのかもしれません。

b-low.jpg
こちらがLowモードの結果ですが、ほとんど変わりません。
CPUは20%、VGAは40~50%位で推移。
どうやら、ベンチ-マークソフトそのものが頭打ちなのかもしれません。

他にcrysis2をプレイした所では、比較にならない性能差が出ています。
これなら、当分は何やっても不満は出ないでしょう。

あと交換時、すぐに画面で発色の違いを感じました。
カードでも結構変わる物なんですね、良い感じです。

問題は、じっくりゲームをする時間が無いと言うことです(泣)
最近仕事が多忙で更新がかなり遅くなってます。
ネタは結構あるし冷却水のテストなど、じっくりやりたいんですけどねぇ・・・
休みが欲しい・・・・ボソ

といいますか、結局まともなベンチ結果は示せていないですね~(苦笑)

テーマ : PCパーツ    ジャンル : コンピュータ


モニターを30インチにしてみた。DELL U3011

Category: ハードウエア  
かれこれ5年近く世話になった三菱のモニター MDT242WG。
最近のモニターと比べても発色も良くお気に入りだったのですが、残念ながら最近焼き付きが見えるようになってきました。
そろそろ買い換えの時期と言うことで、次は27インチかな?と考えていたんですが・・・

27インチのモニターは、解像度が2種類ほどあります。
1920×1080(フルHD)と2560x1440。
大きくなった分、解像度も高い方が良さそうですが、一応店頭でも確認してきました。
なんか文字が小さい・・・
ある程度設定すれば使えそうですが、「これなら30インチの方が良くね?」と考えるようになってきます。
「フルHDでいいや」とならないのが私。
当初考えた物より1段上に行くのは私の悪い癖です。

ですが今回も5年使うつもりなので妥協はしません。
とはいっても30インチクラスとなると、メーカーもかなり少なくなってきて、選択の幅も狭いです。
DELL、HP、NEC(29.8インチ)と言った具合でナナオもありましたが、予算的に無理。
NECも20万円近いのでちょっと・・・
と言うわけでDELLとHPに絞られてきます。

HPはディスプレイ側での調整機能が全くない完全業務用モデルなので、必然的にDELLが残ります。
と言うわけで、最終的な候補になったのがDELL U3011(2560x1600)です。
流行のLEDではありませんが、レビューを見る限り悪くは無さそうなので、ポチって見ました。

NEC_0043.jpg
今までのモニターがVISIOと言うこともあって、黒の締まりはひけを取りますが、全体的に発色は良好です。
ドット落ちも見当たらないですね。
なんと言ってもこの広さ、プラウザを2窓で並べても普通に表示できるのはすばらしい。
ブログの編集でも威力を発揮してくれます。

さらにゲーム、Crysis2をプレイしてみましたが、この解像度ですから超綺麗。
ただし、私のVGAカード(GF480 OC)では時々カクつきます。
そろそろ2世代目のGF680も出てきたことですし、今後の予定に入れましょうか・・・

このモニター、スタンドが良く出来ており調整しやすいです。
一応SDカードスロットとUSBハブも付いているのですが、横にスピーカーがあるので使えませんw
デュアルリンク対応のDVIケーブルが付属している点も良かったですね。
一応3年の交換保証も付いていますが、5年使えることを祈ります。

テーマ : 周辺機器    ジャンル : コンピュータ


検索フォーム
プロフィール

ネグロック

Author:ネグロック
好きな物はパソコンと車とラーメンにオムライスw
元はパソコンサポートを職業にしてましたが、今は時代の激動に呑まれ電気関係に(^^;

twitter / NegLock

DSCN0033.jpg

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。