Welcome to Negrock's blog

Auxiliary brain of Neglock.
Topics of PC water cooling & drone mainly

ネグロックの補助脳

スポンサーサイト

モータードライバをTMC2208にしてみた。

3Dプリンターって出力に時間がかかるんですよね。夜通し動いていることも多いので、静かに動いてくれた方がいいわけで・・・HICTOP標準のコントローラーボードMPK V1はモータードライバにA4982を搭載してます。これは動作中にピロピロピロとモーターから愉快な音がしまが、モータードライバの変更で静かに出来ます。といってもモータードライバは基盤に直接搭載されているので、ボードごと交換になります。ボードはMKS GEN 1.4に変...

Titan押出機の威力

標準のダイレクト方式エクストルーダーでは、時々押出が足りずに造形が安定しないのですが、試しにTitanエクストルーダーに変更したところ、出力結果に劇的な変化がありました。Titanギヤと呼ばれることが多いですが、ステップモーターではトルクが足りない場面が出るので、ギアを使ってトルクを確保するものです。 当初はそれほどの効果を期待してはいなかったのですが、やってみると造形そのものが格段に向上します。これを...

3DP-17BKに最新のMarlinファームウエア入れてみた。(Ver1.19)

ちなみに初期ではMarlinのVer1.0が入っていました。現在最新版のVer1.19に入れ替えてみます。 これをやる利点ですが・・・・新しい機能が試せる・デバイスの追加と設定が出来る(センサーの追加変更やLCDパネルの変更等)・機体のサイズ変更も可能(今回の最終目的はこれ)等々・・・つまるところ。・設定を好き放題変えられる。これにつきます。当然リスクもあります。更新作業自体は他サイトに多くの情報があるので、3DP-17...

3Dプリンタその後

順調に自身の改造パーツを製造し続ける我が家の3Dプリンター。既に本来の目的から外れております。 ある程度は解っていたつもりですが、想像以上に出力に時間がかかるんだなと。積層ピッチは最も細かくて0.02mmですが、これだと平気で2,3日かかります。通常は0.15mmで見栄えを良くしたいときは0.1mmとか0.06mmですが、0.15mmで出力してペーパー処理した方が早いんじゃないかと思う今日この頃です。このプリンターで最初に問題...

3Dプリンタに挑戦してみた。

3Dプリンタといっても何十万もするものではなく。組み立てキットなる物を購入、HICTOP 3DP-17という製品。 RepRapのPrusa i3 シリーズのクローンモデル。RepRapというのはオープンソース3Dプリンタのプロジェクト名。Amazonで3,4000円、他にも安いのあったけど金属フレームじゃないと心配なので、こちらのキットを購入。選ぶ基準は、金属フレームでオートレベリングとヒートベット、ABSフィラメント対応。まぁAmazonのレビュ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。